青森県八戸市のせんべい汁

以前出張で青森県八戸市に行く機会がありましたので、せっかくなのでご当地のグルメをと。

 

イカとサバは有名なんですよね。

 

駅の近くの売店で売ってたので買いました。

 

美味しかったのですが、私個人の意見としてはまあ近所のスーパーのものとあまり違いが分かりませんでしたね。

 

舌がバカなのかもしれません。

 

f:id:trippy-coke-8:20180803210523j:image

 

ところで気になったのがこのせんべい汁

 

こちらの地域では、昔はあまり米がとれなく代わりに小麦で作ったせんべいを汁に入れ、食べていたのが、ご当地のグルメになったとか。

 

そしてそれがカップスープになってると。

 

どんなものか。
f:id:trippy-coke-8:20180803210538j:image

 

まず、せんべいを砕いて入れます。
f:id:trippy-coke-8:20180803210531j:image

 

後は具材を入れて、お湯をいれるだけ!

 

かんたん!
f:id:trippy-coke-8:20180803210545j:image

 

 

気になるお味は!

 

やさしい味!

 

美味しい!

 

また食べたくなるような食感!

 

 

お餅に似ているようで、それよりも硬くおもしろい。

 

 

汁はけんちん汁に近いように感じた。

 

 

本場の家庭料理としてのせんべい汁も食べてみたいが、このカップスープも十分おいしい!

 

次来た時も食べよう。

全国カフェ巡り〜静岡県清水市〜

たまに書くこの記事

 

 

全国のカフェ紹介!久しぶりにやります。

 

 

今回は静岡県

 

 

ちょっぴりレトロな喫茶店!きょうばし!

f:id:trippy-coke-8:20180803211313j:image
f:id:trippy-coke-8:20180803211327j:image

 

 

和菓子も売っていて、店内でも食べれるとのこと!

 

お店の方はおっとりしてきて、話しやすい感じの良い人!

 

昔の喫茶店!て感じがします。

 

 

注文してから出てくるまではすごいゆっくり!笑

 

ものすごく待ちます

 

でもまあ、それでゆっくり待つ時間もカフェの醍醐味。

 

 

急いでコーヒー飲んで出て行きたいなら、コンビニのコーヒーで十分。

 

カフェで焦りは禁止!

 

 

待つこと30分以上?

 

とんでもないものが出てきました!

 

それがこちら!

 


f:id:trippy-coke-8:20180803211304j:image 

 

どでかいパフェ!

 

どうなってるんだ!

 

こちらの商品はノンデタベール

(名前はおそらくあっている)

 

飲んで食べれるパフェで両方楽しんでほしいというカフェのお母さんの思い。

 

このパフェ、下のストロー口からドリンクを飲むことが出来、上からパフェが食べれるのです。

 

たくさん乗っている果物も新鮮!!

 

途中で、下側のドリンクを飲む

 

 

ほんとうに楽しい!

 

 

ドリンクの味はアーモンドのようだ。

 

最後らへんはパフェも下に落ち、ドリンクと共に食べる。

 

一度で三度おいしいパフェ

 

 

もうすこし宣伝すればすごい流行るのではないかと思うような出来栄え

 

そしてインスタ映え

 

こんなすごいものがまだこの日本にあったとは。

 

 

そう言えば、最初に頼んだアイスコーヒーは結局でてこなかったなー

 

そんの緩さもステキ。

 

 

ゆるゆるゆっくりカフェでした。

 

伊丹空港ならカードラウンジ大阪

フライトまでの時間

 

かたーいベンチで長い間待つのはしんどい。

 

快適に搭乗までの時間を過ごしたい。

 

 

そんな時に便利なのはカードラウンジ

 

 

ゴールドカードなどでよくあるサービスで、クレジットカードと当日の搭乗券を見せれば無料でラウンジを利用することが出来ます。

 

提携していないカードもあるので予め確認しておきましょう。

 

 

さて、このラウンジの中に入ると、

ドリンクのサービスがあり、壁に仕切られ一人で作業が出来るスペースもあり、もちろんコンセントもあります。

 

搭乗前にパソコンで仕事をちゃちゃっと終わらせたり、友達と会話したり、カフェにいるような感覚で過ごす事ができます。

f:id:trippy-coke-8:20180803205839j:image

f:id:trippy-coke-8:20180803205925j:image
f:id:trippy-coke-8:20180803205857j:image

 

ビールは有料です!

 

パソコンは無料で利用できます。
f:id:trippy-coke-8:20180803205906j:image

 

 

搭乗時間の確認もバッチシ!
f:id:trippy-coke-8:20180803205849j:image

 

部屋は喫煙と禁煙で分かれているので、どんな方でも快適に!

 

また数量限定で、受付でパンをもらえることもあります!

 

お腹が空けば、サンドウィッチの販売があります。

 

伊丹空港を利用される方はこちらも試してみてはどうですか

 

トルコ旅行記〜トルコ航空オーバーブッキングで搭乗できず、がしかし大金ゲット〜

オーバーブッキングと言うものを知っていますか。

 

チケットは随分前に購入しているのに、飛行機に乗れない。

そんな事が起きるかも。

 

航空会社では、当日のキャンセルなどを見越して座席数以上の予約を受けています。

 

がしかし、予想に外れキャンセルが少ない時は人数超過になってしまうわけです。

 

その場合、誰かは予定の飛行機に乗ることができなくてなってしまいます。

 

これをオーバーブッキングと言います。

 

しかもこれは稀な事ではありません。

 

 

今回は旅の最終日、私が実際に経験したオーバーブッキングについてお話しします。

 

 

遡ること、トルコ航空搭乗三時間前、アタトゥルク国際空港にて。

 

 

掲示板を確認すると成田行きの便はまだカウンターオープンにはなっていない。

 

チェックインもまだかと思い空港のベンチにて小休憩を取りました。

 

そして、しばらく経って掲示板を再度確認すると、カウンターオープンの文字が。

 

 

それを確認して、まずはセルフチェックインをカウンター近くの機械ですることに。

 

 

だがしかし、チェックインできずに、カウンターで手続きをしろとのメッセージが。

 

仕方ないので、航空券も持たずにカウンター並ぶことに

 

カウンターでパスポートを、見せるとお姉さんがなんやら険しい顔でどこかに電話をかけている。

 

しばらく待つと、お姉さんが一言。

overbooking。

 

さらに続けて

maybe you can board

 maybe you can not board

 

 

ん?どゆこと?あるの?ないの?

 

「とりあえず、私はわかりません。乗れるかもしれないし、乗れないかもしれない。取り敢えず、搭乗口まで行って、そこで聞いてくれ」と

 

 

席の決まっていないチケットを渡されて、取り敢えず進むことに。

席の番号のところにはSBYの文字が。

 

これはstanbyの略で、まあ待てとのことですかね笑

 

スーツケースは通常通りカウンターで渡すことは出来た。

パスポートコントロールも何もかも普通に通れる。

 

そして、問題の搭乗口へ。

 

 

搭乗時間になるとスタッフの人が来たのでSBY

と書かれたチケットを見せると取り敢えず待て、まず他の人を飛行機まで案内すると。

 

 

仕方ないので皆んなが飛行機へ向かって行く中、横で待機をします。

 

 

そして、あらかた終わるとSBYと書かれたチケットを持っている人が呼ばれた。

 

そこには5人いたが席は1つしか無いと言われた。

only 1 seat

 

いろいろな事情で、ひとりの方がその席に座ることになりました(まっていたら気づいたらその人に決まっていた!)

 

 

ということで、私はその日は帰れなくなりました。

 

1日1便しかなく、結局つぎの日のフライトになることに。

 

 

その代わりということで、

 

ホテルを用意してもらえた。

泊まったのはhilton Garden inn

四つ星のなかなか良いホテル

 

三食付いていて伸びた1日を優雅に過ごすことが出来たのでまあ仕方ないかとポジティブに。

 

ただそれだけではなく、お金も支払いますと。

 

その額、600ユーロ

 

 

え?

 

 

いくらだいくらだと調べると

 

 

今この時で、1ユーロ131円くらい

 

つまり、

 

約8万円

 

つぎの日の予定があったとは言え、さすがに笑いが止まらない。

 

 

これだけもらえるなら全然オッケー!!

 

 

 

どこの航空会社もオーバーブッキングで乗れなかった場合にはきちんと支払いがあるみたいです。

 

路線によって値段は違うのかな?

ネットで見るといろいろの額がありますね。

 

 

もちろん、つぎの日の航空チケットは別でちゃんとすぐにもらえます。

 

まるまる片道航空券が浮いたくらいになりました。

 

 

まあ良かった良かった。

 

 

ただしかし、人によっては絶対にダメなこともあります。

 

どうしても帰らないといけない!

お金の問題じゃない。

 

 

そんな人のために、オーバーブッキングを予め回避する方法。

 

 

だいたいの航空会社は24時間前からネットでチェックインができます。

 

予め早めにチェックインをしておけば、席は早いもの勝ちですので、席が取れないということはありません。

 

空港でチェックインする時も、カウンターオープンを待つ必要はありません。(それを知らなかったのは私だけですかね笑)

 

早め早めの行動が大切ですね。

 

 

まあ今回何より無事帰れたので、良かったです。

皆さんも気をつけてください。

 

トルコ旅行記〜気球と遺跡と塩湖と〜

トルコに来たならば絶対に行くべき三箇所をご紹介します!

 

イスタンブールよりもこっちをおススメしたい!そんな場所です。

 

 

まずは一番有名な気球ですね。

 

トルコの代名詞と言っても過言ではない。

 

 

百聞は一見にしかず。

 

とりあえず見てくださいこの写真。

f:id:trippy-coke-8:20180730115606j:image

 

 

雄大な景色の中にわっと広がる気球

 

この感動は一生物です。

 

 

そんなバルーンツアーはトルコのカッパドキアで体験できます。

 

カッパドキアへはイスタンブールからバスで行くもよし飛行機で行くもよし

 

ただ飛行機の場合は空港が少し遠いので送迎を必要とします。

 

 

カッパドキアの滞在は3日ほどがおススメです。

 

というのも気球は天候により中止になることがあるので、余裕を持っておく必要があるのです。

 

カッパドキアについたらまずするべき事はツアーの予約です。

 

すごい人気なので、早めの予約が安心!

 

 

バルーンツアーは1人当たりだいたい2万くらいです。

 

すこし高いですが、それほどの値打ちは確実にあります!

 

自分の滞在するホテルを伝えれば当日朝にバスで迎えに来てくれます。

 

日の出前に集まるのですごく早いです。

私の時で4時半くらいでした。

 

4時半に迎えに行くと言われ、待っていたがいつまでたってもバスが来ない。

 

ホテルのオーナーさんが心配してツアー会社に確認してくれました。

 

そしたら今日は風で中止だと。

 

 

いや、連絡しろよ!と思いつつもまあ仕方ない。

 

明日に延期になったと言うので、朝早くからカッパドキアの散策をしました。

 

f:id:trippy-coke-8:20180730124446j:image
f:id:trippy-coke-8:20180730124459j:image

 

 

雄大な自然に野犬

 

カッパドキアは街全体が遺跡みたいなものに囲まれててどこへ行ってもわくわくします!

 

HUNTER×HUNTERの蟻編の巣みたいなものがいっぱいあります!

 

飲食店もおいしい所ばかりです!

 

f:id:trippy-coke-8:20180730124428j:image

 

これはイスタンブール人曰く、ツボケバブ

地元での名前は忘れましたが。

ツボの中にトマト煮込みみたいなものが入っていて、上に被せてるパンをつけて食べるものです。

 

これが本当においしい!

 

煮込みはチキン、ビーフベジタリアンから選べます。

 

店によってはビーフのみのとこもあります。

 

 


f:id:trippy-coke-8:20180730124516j:image

 

そして、トルコはどこの店にいってもパンが付いてきます。

 

これもまたおいしいこと。

 


f:id:trippy-coke-8:20180730124526j:image

 

カッパドキアでオススメのカフェはオズコーヒー

この辺りはテラス席が多く、クーラーがついている店は少ない

 

が、ここはしっかり冷えた店内なので休むのに丁度良い

 

ドリンクもたくさんあり、このように甘ーいイチゴのドリンクもあります。



f:id:trippy-coke-8:20180730124437j:image

 

これはトルコの伝統的なコーヒー

 

コーヒーの粉が直接カップに入ってます。

エスプレッソに近いような濃くて苦みの強い味です。

 

いろいろ楽しんだ後はホテルに戻り休憩タイム

 

 

おススメはSOSホテル

 

決してリッチで大きなホテルではありませんが、オーナーさんがとにかく親切

 

そして朝ごはんもおいしい

 

完璧です

 

洞窟のようなホテルでわくわくします。

f:id:trippy-coke-8:20180730124705j:image

 

 

そして翌朝、こんどこそはバスが迎えに来てバルーンツアーへ

 

バルーンに空気が送り込まれ、浮上

 

そして最初の写真のような景色

 

上昇下降を繰り返し少しずつ進み、着陸。

 

着陸後はシャンパンが配られます

 

ノンアルコールなのでみんなで楽しめます!

 

 

この気球、実際にのるだけでなく、近くのサンセットビューという崖の上から気球をみるのもすごく綺麗です。

 

 

1日はツアーで、もう1日は外から。

 

二度楽しめます。

 

 

 

そうしてカッパドキアを楽しんだら、次は塩湖です。

 

塩湖と言えば有名なのは、ボリビアのウユニ塩湖ですが、ここトルコのトゥズ湖も負けていません。

 

 

ただこのトゥズ湖、簡単には行けません。

 

バスで行く事は可能ですが、帰る便はないのです。

 

ですからヒッチハイクをすることになります。

 

 

でもヒッチハイクなんて怖い!って方はどうするのかと言うと、一番おススメなのがレンタカーですね。

 

カッパドキアにはレンタカー屋さんがたくさんあるので、そこで借りれば大丈夫。

 

 

しかもちょっと良い車で24時間8000千円くらいプラス保険!

 

安いです!

 

車を選ばなければもっと安くなります。

 

 

ただ注意しなければならないのが、日本のレンタカーと違い、ガソリンはほぼ空で渡されます。

 

あらかじめガソリンスタンドの位置を探しておきましょう。

 

 

トゥズ湖へ向かう道は非常に簡単。

 

 

南へ向かう大きな道を果てしなく南下、その後トゥズ湖の前を走る大きな道へ繋がる交差点を曲がり西へ進む。

 

 

これだけです。

 

一度グーグルマップで調べてください。

 

トルコは運転が荒いと聞きますが、この辺は大丈夫でした!

 

狭い道もなく簡単に行けました!

 

だいたい三時間くらいです。

 

道沿いにサービスエリアに似たような所があり、そこがトゥズ湖の一番有名なのは所です。

 

 

駐車場に車をとめ、お土産屋さんの間を通り、奥に行けば白銀の世界!

 

f:id:trippy-coke-8:20180730123803j:image

 

 

完全に水が無くなる前に行けばさらに綺麗です!

写真はすこし失敗しました笑

 

 

そんな感じでカッパドキアを楽しめば、最後はパムッカレ!

 

 

パムッカレへはバスが出ています

イスタンブールに近い西側に位置しています

 

ここは滞在は1日くらいで十分だと思います

 

 

f:id:trippy-coke-8:20180730124113j:imagef:id:trippy-coke-8:20180730124142j:image
f:id:trippy-coke-8:20180730124105j:image

 

 

この三枚でだいたい完結です笑

 

これらは同じ場所ですので、回るのは簡単です

 

お金を払えば遺跡プールというものにも入れます!

 

人が多く、泳ぐというよりも浸かるというイメージな場所です。

 

 

 

 

とまあ、こんな感じで訪れるべき所のたくさんあるトルコ!

 

一度は行くべきおススメな所です!

 

最後にトルコ飯をのせてさようなら。

 

f:id:trippy-coke-8:20180730124835j:image
f:id:trippy-coke-8:20180730124902j:image

f:id:trippy-coke-8:20180730124921j:image
f:id:trippy-coke-8:20180730124849j:image
f:id:trippy-coke-8:20180730124933j:image

 

 

トルコ旅行記〜イスタンブールと流行りの詐欺〜

トルコ旅行記もやっと本題です。

 

今回はイスタンブールのお話。

 

 

イスタンブールでの観光は何があるかと言いますともうモスクモスクモスク。

 

モスクです。笑

 

本当にそれしかありません。笑

 

 

とまで言うと言い過ぎですがまあほとんどもすくです。

 

 

モスクはイスラム教の宗教施設ですが、本当にすごいです。

 

建物を見ているだけで圧巻

 

 

また見ている場所や時間帯によって全然違ったものに見えます。

 

 

人気のモスクでは、人も多く、せわしないですが、少し離れた所にあるあまり有名でないモスクであると静かで、ゆっくりと過ごせます。

 

 

旅となると、行きたい場所をたくさんチェックし、急ぎのスケジュールでいろいろな所をまわったりすることも多いと思いますが、何の予定も立てずにゆっくりするのも良い観光の方法だと思います。

 

普段の嫌なことも忘れ、異国の文化に触れながらゆっくり物思いにふける、そんなことにぴったりなのがモスクですね。

 

本来の目的のみならず、それぞれの楽しみ方ですごす。

 

旅の醍醐味ですね。

 

f:id:trippy-coke-8:20180728213946j:image
f:id:trippy-coke-8:20180728214022j:image
f:id:trippy-coke-8:20180728214040j:image
f:id:trippy-coke-8:20180728214031j:image
f:id:trippy-coke-8:20180728214003j:image

 

イスタンブールには他にも地下宮殿などいろいろありますので!
f:id:trippy-coke-8:20180728214052j:image
f:id:trippy-coke-8:20180728213956j:image
f:id:trippy-coke-8:20180728214011j:image

 

 

ただ気をつけないといけないのが、イスタンブールの新市街です。

 

最近流行りの詐欺らしいのですが、

スペインなどから観光に来てるとフレンドリーに話しかけ、一緒に飲みに行こうと誘われ、ぼったくりバーに連れて行かれるということが起きてます。

 

会話をしっかり聞いていればいろいろおかしいと気づくのですが、英語があまり得意でないと、外国人と知り合えた喜びでついていっちゃうこともあります。

 

 

会って10分くらいでオススメのパブがあるから行こうよ!と誘ってきます。

 

騙されないで下さい!

 

スペイン出身だよーっが多いです!

 

地元トルコ人も問題視していました。

 

 

せっかくの旅、楽しく帰るために用心しましょう!

トルコ旅行記〜トルコ航空〜

どうも。

 

今回からはトルコのお話

 

ヨーロッパとアジアの両方の顔を持つトルコ

 

トルコ料理世界三大料理のうちのひとつ

 

 

遺跡やモスクに気球

 

 

いろいろな見所を紹介していきたいと思います。

 

そしてその第一回目はトルコ航空   turkish airline について

 

東京 成田 から イスタンブール アタトゥルク空港 へ向かいます。

 

 

f:id:trippy-coke-8:20180715231422j:image

 

 

日本発であるのでCAもやはり日本語を話せる人が多い。

 

みなさん丁寧ですごく良い飛行機です。

 

 

ですが、ひとつ難点として、席が少し狭いように感じます。

 

席に着いたら、ブランケットとアメニティが用意されています。

 

f:id:trippy-coke-8:20180715230312j:image

 

開けてみました

 

結構いろいろ入っている。

 

スリッパ、靴下、歯ブラシ、アイマスク、耳栓、リップクリームみたいなもの

 

感動しているともう離陸の時間に。

 

 

離陸して落ち着くとこんなものをもらいます。

 

f:id:trippy-coke-8:20180715230550j:image

 

お品書きですね。

 

料理がすごく楽しみ!!!

 

早く来ないかなー来ないかなー

 

 

来た!!

f:id:trippy-coke-8:20180715230727j:image

 

サーモンもチキンも美味しい!

機内食はまずいイメージでしたがこれはすごく美味しい!

 

そして、暖かいパンも手渡しでもらえます

 

最高!

 

そしてドリンクはもちろん

f:id:trippy-coke-8:20180715230908j:image

 

ビール!!

 

トルコでビールと言えばEFES

 

すごく良い気分になりながら映画でも見ることに

 

 

日本語音声の映画が多く見るものがいっぱい!

 

 

そうこうしていると朝になり二度目の食事

f:id:trippy-coke-8:20180715231124j:image

 

 

このチーズがまっこと美味なり!

 

f:id:trippy-coke-8:20180715231227j:image

 

 

あとは良い景色を見て到着を待つのみ

 


f:id:trippy-coke-8:20180715231221j:image

 

朝日とともにこんにちはイスタンブール

 

 

良い旅の始まりです。

 

スポンサーリンク